小児科

概要

子供の心と健康のために

正しい医学的知識に基づいた医療を目指しています。
特に、抗生物質濫用による薬剤耐性菌の増加が問題となっており、できるだけ抗生剤を使わないなど、最小限の薬剤投与を心がけています。
心疾患、アレルギー疾患、神経疾患、また心の問題にも力を入れています。

病気を治すだけではなく、子供の病気に対する恐れ、不安を取り除いてあげられるような心に対するケアを心がけています。

発達相談について

当院で発達相談を受けられる方は、下記リンク先の「発達相談問診票」にご記入後、郵送して頂くかまたは直接外来までお持ちください。
※診察は事前の予約が必要です。

発達相談問診票はこちら(PDF)

診療実績 ※平成28年度の実績を基に掲載

帝切児・新生児疾患・黄疸等/肺炎、気管支炎/咽頭喉頭扁桃炎等/胃腸炎等/喘息など

担当医師紹介(常勤医師)

医長/本淨 謹士

■認定資格
・日本小児科学会認定小児科専門医

医長/金子 真也

非常勤医師数

1名