脳神経外科

概要

当診療科では何事も患者さんの視点からをモットーに信頼され満足してもらえる、かつ質の高い医療を提供していきます。脳血管障害(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)、頭部外傷、脳腫瘍、機能性疾患(眼瞼けいれん、痙性斜頬、三叉神経痛)などを中心に、脳・脊髄神経系全般を診ています。

脳神経外科がみている症状は?

頭痛、めまい、手足の動きにくさ、しゃべりにくさ、手足のしびれ・痛み、耳なり、物忘れ、顔の麻痺やピクツキ、顔の痛み、手のふるえ、ふらつきなどの症状です。 症状のある方は、一度受診することをおすすめします。

脳卒中をおこさないようにするためには?

①糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの血管障害の危険因子のコントロールが重要です。

②頭頚部MRI・MRIで、未破裂脳動脈瘤や無症候性病変(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、血管の狭窄)を早期発見することが、脳卒中や認知症をおこしにくくします。

認知症かも?と思ったら

「最近物忘れをするようになった」「性格が変わったような気がする」「もしかして認知症?」など認知症に関する悩みや心配ごとはありませんか? 当院では早期発見、対応を目的とし、長谷川式簡易知能評価スケール・MMSE(ミニメンタルステート検査)やMRI画像による診断、薬物治療を行っております。
また、当院では『認知症サポート医』が診療を行っております。患者さまに寄り添い、地域医療と介護が一体となったサポートをいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

認知症サポート医とは⇒
認知症患者さんの診療に習熟しており、かかりつけ医への助言、支援を行い、専門医療機関や地域との連携の推進役となるための研修を修了した医師を指します。

外来診療表

診療時間:
午前 8:30 ~ 11:30(月・火・木・金)
午前 9:30 ~ 11:30(水、新患のみ)

診療科 時間
脳神経外科 午前 濵﨑 濵﨑 濵﨑
(新患のみ)
濵﨑 濵﨑

診療実績 ※平成27年度の実績を基に掲載

脳梗塞/脳出血・クモ膜下出血/てんかんなど

担当医師紹介(常勤医師)

診療部長/濵﨑 房光