眼科

概要

眼科は白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、ぶどう膜炎、飛蚊症、ドライアイ、流涙症、結膜炎、麦粒腫、霰粒腫、屈折異常などの診療を行っています。
医師とともに、視能訓練士が眼科的検査に従事しています。視力検査、眼圧測定などの一般検査のほか、蛍光眼底造影やOCT(Optical Coherence Tomography;光干渉断層像)を用いた網膜病変の精密検査、緑内障の診療に必要な視野検査などを行っています。

当院の眼科診療は、高知大学医学部附属病院の協力をいただいております。

高知大学医学部附属病院

担当医師紹介(常勤医師)

医長/池 洋一郎

■認定資格
・日本眼科学会専門医

非常勤医師数

1名