医療安全管理室

概要

JA高知病院では、患者さんの立場に立ち、患者さんが安心して医療を受けられる環境を整えることを医療事故予防の基本理念としています。患者さんがJA高知病院を信頼できるシステムの構築をめざしています。

医療事故の原因究明は、「誰が事故を起こしたか」ではなく『何が事故を招いたか』です。JA高知病院では、この視点に立ち自由に発言でき、事故予防に必要な情報の報告がすみやかになされる体制を整えていきます。

医療事故予防のためには、患者さんの参加も必要です。病院には、同姓や似た名前の患者さんが多数おられ、患者さんの取り違いは大事故につながる恐れがあります。本人確認のためには、診察・検査・処置などのたびに、患者さんご自身に名乗っていただくのが一番確実な方法です。また、患者さんがいつもと違うと思ったり、不安に感じたりしたことは、遠慮せずに医療スタッフに尋ねてください。ご協力をよろしくお願いします。

詳細

活動紹介その1.「医療安全管理活動」

私たちは、「医療の安全」を最優先課題としています。そのために、全ての職員は、いかなる些細な間違いも文書で報告する制度をとっています。報告書は、原因分析を行った後「医療安全管理委員会」で、組織的問題解決に取り組んでいます。また、患者さんに対しても、間違った事実を隠さず説明し、誠実な対応をいたします。

活動紹介その2.「医療安全管理委員会」

委員は、委員長である副院長以下各部門の責任者で構成し、一元的で効率的な安全管理体制を執っています。

活動紹介その3.「医療安全研修会」

毎年、研修劇「イラレて、バッサリ小劇場」を開催しています。職員自らが身近な失敗事例をとりあげて、手作りの脚本をもとに演じます。回を重ねる毎に好評を得ており、職員の「安全管理の意識向上」に役立っています。

スタッフ

リスクマネージャー/吉本 智津子