患者の皆さまの権利に関する宣言

「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い」

JA高知病院では、患者中心の医療を推進していくために、患者さんの基本的な権利を明確にするとともに、患者さんに守っていただく責務を定め、患者さんの医療に対する主体的な参加を支援していきます。

患者さんの権利

1. だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利。
患者さんは誰でも社会的身分、人種、民族、信条、性別、障がいの有無などにかかわらず、良質な医療を平等に受ける権利があります。
2. 個人として常にその人格を尊重される権利。
患者さんは、治療や検査などにあたり、各々の人格、価値観などをもちながら社会生活を営む個人として尊重される権利があります。
3. 十分な説明を受ける権利。
自分が受ける資料や検査の効果や危険性、他の治療法の有無などについて、わかりやすい説明を理解できるまで受ける権利があります。
4. 自分の治療計画を立てる過程に参加し、自分の意見を表明し、自己決定する権利。
患者さんは希望しない医療を拒む権利、医療機関を選択し、転退院する権利があります。
研究途上にある治療について、これを受け、また、いつでも拒否できる権利があります。
5. 自分が受けている医療について知る権利。
ご自身の診療に関する情報の開示を求める権利があります。
6. 自分の情報を承諾なく第三者に開示されない権利。
患者さんはだれでも、診療過程で得られた自らの個人情報とプライバシーを守られる権利があります。
7. セカンドオピニオンを受ける権利。
現在の自分の症状や治療方針について、他の医師に意見を求める権利があります。

患者さんへのお願い

1. 医療への積極的な参加をお願いします。
治療や検査等は、理解し納得した上でお受けください。説明を受けてもよくわからないことは、ご遠慮なく医師や看護師にお問い合わせください。
2. 病状などありのままをお話しください。
よりよい医療を受けるため、病気の症状、これまでの経過、お使いになっているお薬、日常の生活習慣など、正確な情報を伝えて下さい。治療や看護上必要なことについては、繰り返しお聞きする事があります。
3. 安全で安心な医療の提供にご協力ください。
安全確保のため、お名前を自ら名乗っていただくことや、リストバンドの装着にご協力をお願いします。治療を受けていておかしいなと思われることやお気づきのことがあれば、どのようなことでも結構ですから、お早めにお知らせください。
4. 規則や注意事項をお守りください。
院内規則や職員からの注意事項などをお守りください。また、他の患者さんの迷惑となるような行動や病院職員の業務を妨げるような行為はお慎みください。
5. 受けた診療に対し、診療費をお支払いください。

宗教的輸血拒否に関するガイドライン

JA高知病院の基本方針

①JA高知病院では、「輸血を拒否する患者に対しては無輸血での治療を原則とするが、輸血なしでは生命の維持が困難となった場合は輸血を行う(相対的無輸血)方針」である。すなわち「絶対的無輸血の拒否」を基本方針とする。

②「宗教的理由による輸血拒否」は患者個人の権利としてあくまで尊重し、輸血以外の治療手段の提供に努力する。(相対的無輸血の了承)

③この方針が受け入れられない患者には転院を勧める。

JA高知病院では、医療の中心はあくまで患者さんであることを深く認識し、一人ひとりの患者さんには上のような権利があることを改めて確認し、適切で安全な医療の提供や医療の質の向上を目指して知識、技術の研鑽に努めていきます。