薬剤部

病院の1階にある薬剤部です。
受付横に窓口がありますので、お薬のことでご相談があれば、
お気軽にお声がけください!

薬剤部の理念

私たちは、医療の担い手の一員として、常に医療品の品質、有効性及び安全性の確保に努め、医薬品の適正使用に貢献することで、患者さんの利益のため職能の最善を尽くします。

業務紹介

調剤業務

  • システムを用いて、外来患者さんの処方薬剤に関して、飲み合わせや用量用法をチェックしています。(外来患者さんのお薬は、院外処方箋が発行され、院外の保険薬局にて受け取ることができます)
  • 入院患者さんの処方に関して、検査値をもとに用法用量をチェックしたり、飲み合わせを確認しています。
    また、1回分1包化包装など、患者さんや看護のニーズに応える調剤を行っています。
  • 注射薬は、処方内容を確認した上で、患者さんごとに個人セットを行っています。

服用中薬剤の鑑別

  • 現在服用中のお薬を鑑別し、電子カルテ上にて医師に伝えることで、適正な治療に役立てています。 正確なお薬鑑別のため、当院受診の際は、お薬手帳やお薬の説明書、お薬そのものなど服用中のお薬がわかるものをお持ち頂くよう、お願い致します。

抗がん剤等の調製業務

  • 入院、外来全ての抗がん剤について、患者さんごとに処方内容、スケジュール、検査値などの確認を行った上で、クリーンルームにて、調製を行っています。
  • 当院ではレジメン(投与する薬剤の種類や量、期間、手順などを示した計画書)委員会で承認されたレジメンに従って、抗ガン剤治療を行っています。

製剤

  • 検査や治療に必要な薬剤で、市販されてないものは、院内で作成しています。

薬剤管理指導業務

  • 入院患者さんの使用薬剤について、飲み合わせのチェック、検査値をもとにした用法用量をチェックした上で薬の飲み方や効果、副作用などの情報提供を行っています。患者さんから得られた情報について、必要な情報を医師や看護師、栄養士に伝えることで、適正な治療や安全管理につなげています。

その他

  • 定期的に行われる糖尿病教室、喘息教室、健康教室などで、患者さんやご家族に情報提供を行っています。
  • 感染対策チーム、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡対策チームの一員として、他職種との連携を図っています。
  • 教育病院として、薬学部学生の実務実習指導を行っています。
  • 日本医療薬学会・中国四国支部学術大会・日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会等の学会に積極的に参加し、発表も行っております。

スタッフ

薬剤部長/武市 和枝

  • 薬剤師 6名(定員7名)
  • 業務補助スタッフ 2名

薬剤師・薬学部学生の方へ

病院見学歓迎! お気軽にご連絡ください。
電話:088-863-2181(代表)